「未来」オープンイノベーションミートアップ(イスラエル×デジタルヘルス)【東京会場】

IIIプレミアムメンバーである株式会社三井住友銀行が、オープンイノベーションによる新たな顧客価値の創造のため、ベンチャー企業と大・中企業とのミートアップイベントを開催いたします。

先端技術が集積する国として注目が集まるイスラエルよりデジタルヘルス分野の企業使節団を招き、プレゼンテーション及び交流会を開催します。新たなビジネス機会の創出やネットワークづくりに、是非ご活用ください。

◆式次第(プログラム)

13:30~ 開会ご挨拶
株式会社三井住友銀行 常務執行役員 工藤 禎子
13:35 [基調講演] イスラエル輸出国際協力機構 ライフサイエンス部 部長アンジェラ・ラビノビッチ様
「イスラエルのデジタルヘルス技術の進化と特徴」
13:50 [イスラエルデジタルヘルス関連企業11社によるショートピッチ](途中休憩有)
● Beyond Verbal:感情を伝える音声パターンを明らかにし、人のイントネーションの構造を解明する、感情分析アプリの開発。
● Bobo:既存のバランストレーニング機器やアプリ、各種タブレット等を連動可能なバランスボードの開発。バーチャルトレーニングなどに活用可能。
● BSP:心疾患(心筋梗塞、狭心症)を非侵襲で診断する医療機器の開発。
● Esssence:一般家庭でのセキュリティや在宅ケア等に使用できる、スマートライフを実現する各種IoTデバイス・ソフトの開発
● Healthy.io:スマホを活用して、簡単かつ正確な尿検査を行い、感染症や腎疾患、膀胱がん等が発見できる技術の開発。
● INSIGHTEC:誘導超音波とMRIを利用することで、手術をせずにパーキンソン病や子宮筋腫の治療ができる医療機器の開発。
● Innosphere:脳の特定の領域に非侵襲な方法で刺激を与え、ADHDの症状を軽減する医療機器の開発。
● Laminate Medical:血管の縫合手術後、スムーズな血液の流れを実現するため、血管を特定の角度固定する医療機器の開発。
● Medispec:ショックウェーブ(衝撃波)療法による、循環器系や泌尿器系の血行治療を行う医療機器の開発。人体を傷つけない非侵撃での治療が可能。
● Salute Technology:脳梗塞の後遺症を持った患者や神経疾患の患者向けに、リハビリ補助に活用する医療機器を開発。ベルトおよび靴に装着し、バランスの取れた歩行を補助する。
● Via Surgical:ヘルニア治療に用いる人工補強材を、体内で固定する為の外科用医療機器の開発。スピーディかつ容易に人工補強材を体内に固定できる点が強み。
15:40 閉会挨拶 駐日イスラエル大使館 経済公使 経済貿易ミッション代表 ノア・アッシャー様
15:45 名刺交換会・交流会

◆ お申込み

※参加を希望される方は、申込みフォームより、お申込みください。

◆ 本件に関するお問合せ先

株式会社三井住友銀行 オープンノベーションミートアップ担当
03-4333-3369、03-4333-5493

詳しく見る

イベントカレンダー

〈 前月
次月 〉
イベント詳細が掲載されます。