神戸市×500 Startups「500 KOBE ACCELERATOR」のご案内

米国のトップアクセラレーターである500 Startupsが、III協賛メンバーである神戸市と連携し、米国以外では初となるアクセラレーションプログラム「500 KOBE ACCELERATOR」を実施します。

プログラム概要資料はこちら〉〉
記者発表資料はこちら〉〉

 

◆ 主催者メッセージ

神戸市は、ITを駆使して短期間に急成長を目指す新興企業、「スタートアップ」の育成に取り組んでいます。米国などでは確かなスタートアップのエコシステムが構築されていますが、日本はまだまだ遅れています。イノベーションのエコシステムを備えた街となることが、地域経済の発展だけでなく、日本全体に大きなインパクトを与えることを考えると、中長期的に進むべき方向性であることは明らかです。

また本市は、世界50カ国1500社以上に出資する、 世界で最もアクティブなシード投資ファンドである「500 Startups」をパートナーに選びました。彼らの日本での活動をサポートしながら、神戸でのエコシステムの構築を進める計画です。2016年にはその第1弾の活動として「500 KOBE PRE-ACCELARATOR」を実施しました。

一方で、日本でも革新的な開発に取り組む企業であればあるほど、スタートアップのスタイルを学び、彼らとの関係構築を目指そうとします。日本の大企業にとっては、このようなオープンイノベーションを推進することは、現状打破の鍵を握っていると考えます。

2017年には、500 Startupsと神戸市で「500 KOBE ACCELERATOR」というさらにレベルアップしたプログラムを計画しています。ぜひとも、皆様方のご支援・ご協力を賜りながら、イノベーションを生み出す仕組みづくりを共に進めていきたいと考えておりますので、よろしくご検討のほどお願い申し上げます。

神戸市長 久元 喜造



◆ プログラム概要

期 間 2017年7月31日(月)~2017年10月10日(月)(予定)
[フェーズゼロ] 7月31日(月)~8月19日(土)
[前半2週間] 8月21日(月)~9月1日(金)
[後半3週間] 9月19日(火)~10月5日(木)
[神戸デモデイ] 10月6日(金)
[東京デモデイ] 10月10日(火)
場 所 デザイン・クリエイティブ・センター神戸 KIITO(神戸市中央区)
対 象 日本国内および海外のスタートアップ企業 20~25社(’予定)
参加資格
  • シード期にある国内および海外の起業家または起業家候補
  • インターネットやデジタル技術を活用した以下の分野でベンチャーキャピタルなど外部資金が調達可能な事業
    (分野)
    ビジネスツール、商品やサービスの販売、フィンテック(IT技術を生かした金融取引)、教育、ヘルスケア、IoT (Internet of Things)、ロボット、人工知能、クラウドサービス(SaaS: Software as a Service)、メッセージツールなど
  • 既に製品やサービスを持っており、チーム活動しているスタートアップを推奨
実施内容 [フェーズゼロ] アクセラレータ開始前のテレビ会議によるメンタリング
[メンタリング] シリコンバレーのスタートアップ支援経験が豊富は500 Startupsのグローバルスタッフによる1対1形式のメンタリング
[講義] マーケティング、収益のあげ方、製品デザインなどに関する専門家による講義
[コミュニティ] 選抜された優秀なスタートアップの間でのコミュニティ形成支援
[特別講義] 著名なゲストスピーカーを招聘した特別講義
募集期間 2017年4月10日(月)~2017年5月31日(水)
※2017年6月1日(木)~2017年6月16日(金)まで追加募集が決定しました!

 

詳しく見る

イベントカレンダー

〈 前月
次月 〉
イベント詳細が掲載されます。