三井住友銀行と共同運営する日本最大級のアクセラレーションプログラム『未来2021』の一次審査終了。約40の新アイディアが二次審査に!

~コロナ・地球温暖化・人口労働減少等の社会問題を解決するアイディア多数~

株式会社三井住友銀行(本社:東京都中央区、頭取CEO 髙島誠、以下「三井住友銀行」)と株式会社みらいワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長 岡本祥治、以下「当社」)が共同運営する日本最大級のインキュベーション※1・アクセラレーションプログラム※2『未来2021』の一次審査が終了しましたことをお知らせいたします。

 
■『未来2021』応募状況について
本年度は、約230の企業・団体・チーム・個人の方からの応募をいただきました。新型コロナウイルス(COVID-19)感染、地球温暖化、人口労働減少など、日本だけでなく世界の社会課題を解決するための、人工知能(AI)、デジタルトランスフォーメーション(DX)、情報通信技術(ICT)を活用したサービスや新ビジネスモデルの提案が目立ちました。その中から、厳正なる書類選考の結果、約40の企業・団体・チーム・個人の方が一次審査を通過いたしました。

 
■『未来2021』 今後のスケジュールについて
今後、一次審査通過者には、2020年9月下旬~11月下旬に、グループメンタリング、人事・組織戦略、販売戦略、資本政策等の講義、プレゼンテーションの研修を受けていただいた上で、2020年12月9日(水)・10日(木)に実施予定の二次審査会に参加いただき、ピッチコンテスト・商談会へと進んでいただきます。

 〇研修・メンタリング等:2020年9月上旬~11月下旬 <※一次審査通過者対象>
 〇二次審査会:2020年12月9日(水)・10日(木) <※オンライン開催>
 〇個別メンタリング:2020年12月下旬~2021年2月上旬
 〇最終審査会:2021年2月中旬
 〇フォローアップ:2021年3月上旬
 ※各詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

 
■起業家支援について
『未来2021』をさまざまな起業ステージの方に有効活用いただくため、一次審査の結果に関わらず、今回応募された方限定でオンライン個別面談会を開催いたします。『未来2021』では従来型のアクセラレーションプログラムの提供に留まらず、応募者・応募企業と運営事務局の密なコミュニケーション構築を通して、応募者・応募企業を長期的にサポートするサービスを提供し、起業家の支援ならびにオープンイノベーションの効果的な創出を目指します。

 
■『未来2021』に関する問い合わせ先について
 〇未来運営事務局(株式会社みらいワークス)
 〇担当:「未来」プロジェクト 統括ディレクター・久野(ひさの)
 〇E-mail:mirai2021@mirai-works.co.jp
 〇TEL:03-5860-1835

 
※1 インキュベーションとは
 設立して間もない新企業や企業内の新規事業創出に対し、経営技術・金銭・人材などを提供し、育成すること。
※2 アクセラレーションプログラムとは
 大手企業がスタートアップ企業に対して出資や支援を行なう事により、事業共創を目指すための取り組み。
※3 カーブアウトとは
 企業が経営戦略の一環として、親会社が子会社や自社の特定の事業の一部を切り出し、新会社として独立させること。

 
《未来2021 概要》
三井住友銀行と当社が共同運営する日本最大級のインキュベーション・アクセラレーションプログラム。スタートアップや既存企業のカーブアウト※3、これから起業する挑戦者をサポートし、さまざまな企業・投資家等をつなぎあわせ、協業をサポートすることで、皆様の成長とイノベーションを実現します。

詳細はこちらからご覧ください。