三井住友銀行と共同運営する日本最大級のアクセラレーションプログラム『未来2021』 ~二次審査会終了、2月10日開催の最終審査会に進むスタートアップ30社が決定~

株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取CEO 髙島誠、以下「三井住友銀行」)と株式会社みらいワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長 岡本祥治、以下「みらいワークス」)は、両社が共同運営する日本最大級のインキュベーション※1・アクセラレーションプログラム※2『未来2021』の二次審査会が終了し、最終審査会に進むスタートアップ30社が決定した事をお知らせ致します。

■『未来2021』二次審査会の結果と最終審査会について
200社を超えた『未来2021』の応募者の中から、書類審査による一次審査を通過した51社のスタートアップが、2020年12月9日・10日の2日間にわたって開催した二次審査会に参加し、各社7分間の公開ピッチを行ないました。審査の結果、30社が最終審査会に進むことになりました。

最終審査会は、2021年2月10日に、リーガロイヤルホテル大阪にて実施予定で、二次審査会同様、スタートアップ企業による公開ピッチを実施いたします。また、『未来2021』協賛企業各社からの企業賞の授与等も予定しております。

当日の様子は、『未来2021』審査会用特設サイトにてライブ配信予定で、一般の方もご参加いただけます。一般参加(オンライン視聴)をご希望の方は、『未来2021』WEBサイトからお申し込みをお願いいたします。新たなビジネス機会の創出やネットワークづくりにご活用ください。

■『未来2021』二次審査通過となったスタートアップ(全30社)
株式会社アーバンエックステクノロジーズ、アール・ナノバイオ株式会社、AIdealize株式会社、株式会社I’m beside you、AGRIST株式会社、
株式会社aba、株式会社AnchorZ、株式会社AmbiRise、AC Biode、エピストラ株式会社、京都大学婦人科腫瘍研究室、株式会社 KOALA Tech、
株式会社CYBO、GBS株式会社、シンクランド株式会社、SWIMMER株式会社、株式会社xenodata lab.、ソラミツ株式会社、株式会社タイミー、
知能技術株式会社、株式会社テクリコ、トイメディカル株式会社、HarvestX株式会社、BactNano、Holoeyes株式会社、株式会社BONX、
MILK株式会社、株式会社リールステージ、株式会社RevComm、ロボセンサー技研株式会社

■最終審査会の開催概要
[日時]2021年2月10日(水)  9時30分~17時30分頃(予定)
[場所]未来2021審査会用特設サイトでのオンライン開催
    >https://mirai.ventures/2021sp/
[参加費]無料
[参加方法]下記URLより事前お申込みください。
    >https://fofa.jp/mirai21/a.p/117/

■『未来2021』に関する問い合わせ先について
未来運営事務局(株式会社みらいワークス)
[担当]「未来」プロジェクト 統括ディレクター・久野(ひさの)
[E-mail]mirai2021@mirai-works.co.jp
[TEL]03-5860-1835

※1 インキュベーションとは :
    設立して間もない新企業や企業内の新規事業創出に対し、経営技術・金銭・人材などを提供し、
    育成すること。

※2 アクセラレーションプログラムとは :
   大手企業がスタートアップ企業に対して出資や支援を行う事により、事業共創を目指すための取り組み。

※3 カーブアウトとは:
   企業が経営戦略の一環として、親会社が子会社や自社の特定の事業の一部を切り出し、
   新会社として独立させること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《未来2021 概要》
三井住友銀行とみらいワークスが共同運営する日本最大級のインキュベーション・アクセラレーションプログラム。スタートアップや既存企業のカーブアウト※3、これから起業する挑戦者をサポートし、様々な企業・投資家等をつなぎあわせ、協業をサポートすることで、皆様の成長とイノベーションを実現します。
[URL]https://mirai.ventures/2021/content_overview/