FUKUOKA Smart City Challenge

<採択プロジェクトの概要>

企業名 採択年度 事業名 実証実験概要 実証概要PDF

(随時掲載)

PerceptIn
2018
microMaaS  独自の自動運転システムを装備した電動の小型低速車を使用した、オンデマンドのマイクロ・ロボットタクシーサービス。「マイクロ」は、ラストワンマイルなどの短距離のモビリティを意味する。実証実験では、当該小型低速車の限定的な自動運転の実験を行いつつ、当該サービスの受容性、オンデマンドサービスの潜在ニーズ調査、自動運転のための情報収集を行う。 PDF
Shimon inc.
2018
CAVIN  街に”Yoga”や”Meditation”といったヘルスアクティビティ向けのスペースを花でデザインする。また、当該スペースを単なる芝の公園ではなく、農家と住民の手で育てられた花で構築し、街全体をブランディングする。 実証実験では、箱崎エリア、同エリアの空きテナント、汐井公園をフィールドに花が住民に与える幸福度の実測を行い、「メディテーション×花」の効果を測る。
 
Kotozna株式会社
2018
異なるSNS間の多言語同時翻訳サービス「ことつなチャット」  QRコードを読み取るだけで、無料で簡単にいつものSNSで「多言語同時翻訳」チャットによる会話を母国語で始めることができる。また、QRコードを読み取るだけで、緊急時の情報提供も母国語で受け取ることができる。 実証実験では多言語モニターを募集し、本システムを試験運用することで有用性を測る。
 
 

本プロジェクトの最新情報

FUKUOKA Smart City Challengeのプロジェクト全体の最新トピック、実証実験に関わるトピックを適宜更新いたします。